大川魚店HOMEへ
オンラインショッピングへ






2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
が店休日です。
2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が店休日です。

いつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
すっかり秋めいて、日中も涼しくなったいわきです。今年も秋刀魚の季節がやってまいりました。昨年に引き続き、今年も秋刀魚の漁獲量の減少と、大きいサイズの秋刀魚が大変希少な状況です。特大サイズの生さんまは、予定よりも早めに販売が終了となる可能性がありますので、何卒ご了承いただけますようお願いいたします。
さんまみりん干しとさんまの丸干しは、お値段据え置きのまま、今年の新物をご用意しております。こちらも季節ならではの味です。どうぞご一緒に、ご堪能くださいませ。

3月18日(金)に、いわき市泉地区に2号店がオープンしました。震災から丸5年、わたくし共にとっても待望の2号店となります。福島県の水産業の復興のシンボルとなれうよう、従業員一丸となってお客様のご期待に沿える店づくりに、精進してまいりますので、こちらの店舗もどうぞよろしくお願いいたします。四倉本店と同じように、鮮魚、刺身、お惣菜、自家製加工品など、多数の商品を品ぞろえし、皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

また、2013年の10月末より、いわき沖での試験操業が始まりました。 水揚げする魚の種類を限定し、水揚げ後はすぐに小名浜港で放射能検査にかけてから、市場に出荷しています。 天候がよければ、週に2回程、実施しています。入荷数量もごく僅かですが、 地元の水産業の小さな一歩ですので、本当に嬉しく思います。
水揚げから、販売までの流れ、弊店で加工した際の検査体制などまとめましたので、右下の「試験操業の魚の取扱い」より、ご参考いただけますようお願いいたします。インターネット店では、一部の魚を2015年10月より販売を再開いたします。懐かしい、いわきの地魚です。どうぞこちらもご利用いただけますよう、お願い申し上げます。

原発事故により失った信頼を取り戻すには、相当の時間がかかると痛感いたしておりますが、弊店としましては、実害のない福島県産の魚種の取扱いを再開し、検査体制を継続し、正確な情報を伝え、お客様の信頼を取り戻せるよう努めてまいりたいと思います。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。


震災以降、たくさんのお客様からご心配やお見舞の言葉を頂戴し、深く感謝しております。原発事故を受け、当店ではお客様が安心して召しあがれるよう、製品の自主検査を実施いたしております。
また、当店の干物は、元来天日干しのみで製造しておりましたが、震災以降からは干物乾燥機を導入し、屋内での製造を行うことにいたしました。このような震災、原発事故を乗り越えて、安心・安全を確保し、いわきの味を守り続けていく所存です。どうぞ、皆さまのご用命をお待ちいたしております。


●9月14日(水)〜19日(月)日本橋高島屋 8階催事会場 東北展


(2015/10/5)
さんま丸干し



(2015/10/5)
干物詰め合わせD



(2014/9/14)
さんまみりん干し



(2015/9/9)
肉持ちがれい干し



(2015/9/9)
まこがれい干し



Copyright(C) 〜2020 OOKAWA UOTEN Co. All right reserved.